Loading...

「いつかはクラウン」ってこの年で初めて思った

2021年09月23日

これ見てこれ。

カッコエエやろー?

B9のアウディのS4。

S4ちゅうことはな、3リッターなんやで3リッター。

マトリックスLEDヘッドランプ、バーチャルコックピット、

見た目もいいけど乗ったら本当にやばい車です。

走行は90,000キロ超やけどピッカピカ。

こういう車が好きやねんな。

値段は全国でダントツに激安にしてます。

こういう車を提案するのが僕は嬉しい。

最近ある王道の中古車を納車してかなり感動した。

その車は皆さんご存知、トヨタのクラウンと言う車。

そう、「いつかはクラウン」のCMで有名なクラウンです。

僕らが若い頃はセルシオが出たので「いつかはクラウン」いうのは少なくなったけど、

僕らより少し上の世代の人はやはりクラウン党の人は多いと思う。

セルシオが出て、その後にまたレクサスブランドが出て、位置づけとしてはTOPではなくなったけど

そこはやはりトヨタの高級ブランドとしてのクラウンは健在。

アスリートとかのスポーティなモデルも出て相変わらず人気は高い。

ただ、中古車としてはこの人気の高さが微妙に厄介。

そう、古くなっても値段がそこそこ高い。

だから、中古車=安い。

という、古い古い考え方の自分にはあまり積極的に扱わんかった。

けどな、現行のクラウンに興味があって今回は仕入れてみた。

今回のクラウンは走行10.9万㎞。

排気量は3.5のハイブリッドRSアドバンス。

そう僕の好きな6気筒のハイブリットエンジン。

セーフティパッケージプラス レザーシートパッケージ デジタルインナーミラー他、

サンルーフを除くほぼフルオプションの車両。

新車価格で700万超かな。

10万㎞超やけどめっちゃ綺麗でしょ?

 

仕入れたのは千葉のオークションだったので、千葉に行っていたスタッフが自走で帰社。

どうやった?

「めっちゃいいです。600㎞超のドライブも全然疲れなかったです。」

ん?そんだけ?

「いや、よく走るし、いい車ですね」

そんだけかいや?

ほら、なんかこう・・もっとあるやろ?

と、催促するも気の利いたコメントは出ず。

まあ、とにかく良いんやろう。

そういやぁ、2008年に発売されたハイブリッドの初期モデルも良かったな。

高級感半端なかった。

あのモデルから追従のクルコン装備されたよね。

あの当時は結構、仕入れたな。

 

そう考えたら随分と久しぶりやな。

今回のクラウンは身内に買ってもらって今日、納車してきました。

感想?

いやー、いい車ですわ。

初期のハイブリッドに乗った時に近い感動。

クラウンってやっぱり高級車やったんや。

高級感ハンパない。

装備もハンパない。

特に安全装備ハンパないよな。

コーナーセンサー作動したらカメラ画面に変わるし。

自動ブレーキも結構しっかりと作動する。

走りもすごくいい。

しつこいようやけど、デザインが良い。

Eクラスに負けてへんやん。

今回の内装クリーニングはプロの業者さんに依頼。

なのでハンパなく綺麗です。

鑑定の評価も内外装☆5つ。

ホイールは傷が多かったのでタイヤごと交換。

いやあ、納車するのん、テンション上がるな。

納車場所に到着するともう待ちきれなかったんか、車庫のフェンス開けて待ってた。

お客様(身内やけど)も、メチャクチャテンション上がってたな。

今回は現行ハリアーの新車からの乗り換えやったんやけど、今回の10万㎞のクラウンに乗り換えるのがかなり嬉しそうやった。

「まるで新車やん」って言われた。

やっぱりクラウンて特別なんやな。

俺も嬉しかったわ。

こんな車、また見つからんかな?

「いつかはクラウン」なんとなくわかる気がする。

 

特に6気筒ね。