ガッシャーン、事故の現場から①

2015年10月15日

1週間前ぐらいの午後の時間やったかな?
お店にいたらガッシャーンという大きな音。

外を見ると中型のバイクが倒れている。
向かいのかっぱ寿司から出てきた軽自動車と衝突した模様。

急いでお店を飛び出して救護に走る。
バイクに乗っていた男性、意識はハッキリしているし、大量の出血もない。
軽自動車の運転手の男性と一緒に
バイクに乗っていた男性を安全な場所に移動、バイクも路外へと移動。
軽自動車も駐車場の安全な場所に移動。
とりあえず二事故のリスクを回避。

ここまでやったらあとは当事者同士の話なので帰ろうとしたところ、
それまで軽自動車の助手席から出てこなかった女性が車外へ出てきて

「100:0ちゃうしっ!」

ああ、過失割合の話ね。
でもね、今は怪我人の安全確保と二事故を防ぐことが優先。
そんなのは後から保険会社間で詰めたらいいことやね。
だいいち100:0ではないけど、まあ、どう贔屓目に見ても、
車の過失の割合が大きいね。

「100:0ちゃうし!」
たいそう機嫌悪くそう言い放った女性に対して自分はちょっと切れてしまって

「んなもん、今は関係ないやろ!!安全確保が優先やろ!!」

と、きつく言った。

女性「なんで、そこまで言われなあかんねん」と再び車内へ。

ああ、悪気はないんやろうけどね。。。
8:2・・9:1かな?
この事故でそういう態度に出たら余計ややこしくなる可能性があるということが分からないんやろうね。

どう見たって路外から道路上へ出ようとした貴女の彼氏(旦那?)の過失が大きいと判断されるやろう。
それでバイクの男性が人身事故の届け出したらどうなる?
人身事故の届け出の際に「相手に対する処罰を望みます」って言ったらどうなる?
あなたの大切な彼氏に罰金(最低12万円)と違反点数が課せられるわけ。

「動いてたらお互い悪い」
なんてことを曲解してるんやろうな。

彼女は警察来てからも怒ってたな。
彼氏の方は交通事故の経験があるらしく必死で安全確保と謝罪に努めてたけどな。

ここで自分は退散。
なぜかバイクの男性に握手を求められたけど・・・
つられて軽自動車の男性も自分に手を差し出そうとしとったけど。。。

事故はね、起こります。
運転している以上、そのリスクは付きまといます。

ドライバーはリスクを回避する努力はもちろんのこと、
自動車という乗り物を動かす以上、
事故が起こった時はいち早く生命の安全を確保する義務があります。

だから、ちゃんと対処せなあきません。
ちゃんと行動しようと思ったら、ちゃんとした知識が必要です。
知らんという事は本当に怖いのです。