うまい、うまいわ。

2007年05月03日

今日から連休中盤。
多分、今日、明日は暇やろな。
前半はたくさんのお客様に御来社いただいたけど、
ここからはどうやろな?
オークションもないので、まったり進行かな?
よし、この機会に普段、やりたくてもやれなかったことに
チャレンジしてみよう。

先日の納車の時、HIROさんに戴いたお酒2種。

一つ目は「天狗舞梅酒」
天狗舞と言えばかの有名な日本酒メーカー。
日本酒メーカーが梅酒?
天狗舞が梅酒を造っているなんて全然知らなかったので意外だったけど、
呑んでみるとこれがまた美味い。
評論家じゃないので上手に伝わるような表現は出来ないけど
あまり甘くなく、くどくなく、呑みやすくてメチャうまい。
手間暇かけて天狗舞大吟醸酒粕だけから造った「自家製本格焼酎」をブレンド、
食前酒というにはピッタリの、でも、お酒があまり得意でない人にも呑める、
本格的な梅酒です。
開けたとたんに飲み干してしまったので写真は無し。
この梅酒、「樽」「青谷の梅」とともに僕の好きな梅酒にリスト入り。

二つ目は「九代目みやもと」

これはすごい。
口に含んだ途端、まろやかな香りが鼻につんと抜ける。
なんじゃこれは?
焼酎独特のきつさと言うか、そんなものはまったく無い。
メーカーのHPで調べてみると

原料米には熊本県菊池郡七城町産の「ヒノヒカリ」を全量に使用し、手造りの良さを最大限に活かした伝統の製造方法「蔵人・伝承づくり」で醸し上げた米焼酎「九代目」の原酒をオーク樽にて更に熟成さた限定酒、九代目「みやもと」。熟成年数17年、まさにビンテージ物の高級スコッチウィスキーのような芳醇な豊かな香りの世界です。スモーキーな樽の香り。口に含むと高級スコッチウィスキーに相通じる滑らかさと、ふくよかに広がる微かに甘みを伴った樽の香り、樽に由来するコク、円やかさが感じられます。

なるほど、焼酎も手間暇かけるとこんな風になるのね。
正直、ビックリしました。
これは一日一杯ずつ、ちびちびと楽しみたいです。
しかし、美味いわ。