全部の欲しいがここにある、ベンツBクラスの中古車

2022年05月08日

昨日のことなんやけど、昔からのお客様がご夫婦で来店された。

奥様も運転されるので安全面に優れたコンパクトな車がいいとのこと。

それなら、おすすめの車がありますよ。

じゃーん!!

2015年B180スポーツ。

僕はBクラス、めちゃくちゃ知ってます。

なんでかって言うとうちの奥さんと一緒の車なんで。

車は優秀、中古車としての相場は実際のクオリティよりは安いので自然とテンション上がってまうねんな。

お客様に説明しているうちにそのすばらしさを再認識。

わが家が選んだポイントを順番に説明します。

安全装備
運転のしやすさ
デザイン
ボディ剛性
高級感
室内スペース

 

安全装備

個人的に「安全やな」と思う順位(説明文はカタログより抜粋です)

①ブラインドスポットアシスト(カタログより抜粋)
車両の斜め後ろのミラーで見えない死角エリアをモニタリング。
そこに車両がいる場合は、ドアミラー内蔵のインジケーターが 点灯して注意を喚起。
ドライバーの不注意に よるミスを予防し、安全な走行を支援します。

②ディストロニック・プラス
先行車を認識して速度に応じて車間距離を適切にキープするシステム。
減速が必要な場合はスロットルとブレーキを自動制御して減速。
先行車が停止した 場合は自車が停止するまで減速します。

③レーンキーピングアシスト
ドライバーの疲労や不注意による走行車線の逸脱を教えてくれる機能。
クルマが車線から外れていることをカメラが検知すると、ステアリングを微振動させてドライバーに警告します。

④LEDハイパフォーマンスヘッドライト
ヘッドライト、ポジショニングライト、ウインカー、ドライビングライトなどに LEDを使用することで、良好な視認性を確保。
LEDは長寿命・ 低消費電力なので環境適合性にも優れます。

常に最大限の視界を確保するアダプティブハイビームアシスト。
交通状況に応じてハイビームとロービームを切り替えヘッドライトの 照射範囲を自動調整。
あらゆる状況下において常に最大限の視界を 確保するライトシステムです。

以下は発動したことないので不明

PRE-SAFE” (プレセーフ)
危険回避のため急ハンドルや急ブレーキの操作をした際、安全 装備の効果を最大限まで高めるため、次の機能を発揮します。

CPAプラス(緊急ブレーキ機能)
街中や高速道路など様々なシーンで、追突事故の回避または 被害軽減を効果的にサポートするシステムです。

 

 

運転のしやすさ

いつも言うけどベンツは30分も運転すれば「もともと自分の車?」と思うほどなじみます。
安心感もあって運転がしやすいです。

サイズ
全長4,400
全幅1,785
全高1,545

ボディ幅はなんとフォルクスワーゲンゴルフよりも小さい。
全高も一般の立体駐車場に入庫可能な高さ。
最小回転半径は5.2M、フォルクスワーゲンゴルフと全く同じなのです。

メモリー付フルパワーシートでシートポジションを電動で調整可能。
さらにシートやドアミラーの位置を3セットまでメモリーでき、ボタンを押すだけで呼び出せます。

パーキングアシスト、リアビューカメラ
リバースに連動し、車両後方の映像をディスプレイに表示、後退時の運転操作をサポートします。

アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)
駐車スペースをクルマが自動で検出。
さらに自動操舵機能により、シフト及びブレーキ・アクセルの操作だけで簡単に駐車できます。

パークトロニック
前後バンパーに埋め込まれた超音波センサーで障害物との距離を 感知。
接近状況をインジケーターやアラーム音で知らせ、狭い場所での取り回しをサポートします。

シートヒーター[前席]
すぐに温まるので寒い季節などの快適性を高めます。

 

デザイン

スポーツグレードなのでAMGパーツや18インチホイールなどで格好がいいです。

 

ボディ剛性

最高水準の安全性能を備えた新次元のボディシェル衝撃吸収性に優れた構造設計に加えて、高張力鋼板、超高張力 鋼板を多用。
衝突エネルギーを効果的に吸収・分散するフロント、側面衝突時の衝撃を吸収するBピラー、後面衝突時のボディ剛性を確保するために前後部が強化されたCピラーなどにより、極めて 強固で安全なボディシェルを実現しました。

 

高級感

ステアリングやシートを始め質感は上質です。
シートも分厚いので疲れは感じにくいです。

 

 

室内スペース

ボディはコンパクトでも室内スペースは広いです。
ヘッドクリアランスは十分、前席の足元スペースも十分なスペースです。
今回のBクラスはベーシックパッケージプラス付ですのでリヤシートもスライドします。
後席も十分なスペースが取れます。
後席にはバックレストを2:1の比率で前方に倒せる分割可倒機構を採用。
ラゲッジルームは、通常時の488から1,5470 (VDA方式)まで変化する 大容量を誇ります。
大きく開くテールゲートやホイールハウスの張り出しの少ないフラットなラゲッジスペースとともに、乗員数や荷物の形・ 大きさなどに合わせて幅広く使い分けられます。
ゴルフバッグやベビーカーなど十分な積載スペースがあります。

クライメートコントロール(左右独立調整)
運転席、助手席で独立して温度設定が可能。
室温や外気温の変化に 応じて、設定に合わせた温度と風量を自動的に調整します。

新車時の車両本体価格3,840,000円

レーダーセーフティパッケージ 195,400円
ベーシックパッケージプラス300,000円
コマンドシステムナビゲーションフルセット205,200円

オプション合わせて4,540,000円の価格。

もう、コンパクトカーではこれで十分、他の車いらんやん?

と、思わせる、本当にすごく良い車です。