Loading...

中型限定解除、一発試験に行ってみた①

2021年11月21日

オリックス、勝ちよったな。

すごい勝ち方やったな。

それまでのな、試合の状況見てたら「ああ、今日は負けるな」って。

山本で落としたら、「もしかしたら4連敗もあるかも」って。

ところがあの劇的勝利。

ラッキーがあったとはいえ、すごいやん。

今日も勝って欲しいけど、出来たら7戦楽しみたいとか考えたりして。

 

今日は免許取りに行った話。

自分の運転免許は昔に取得したので総重量8tまでは乗れる。

けれどもそれ以上の車や定員10人以上の車は乗れない。

今回はマイクロバスに乗りたいので中型免許を取りに行くことを決意した。

思えば最初に原付免許を取って40年以上、普通免許と2輪の免許取得で教習所は行ったことあるけれど、

試験場で一発免許というのは行ったことがなかったので「一生のうち一度は・・・」ということでチャレンジしてみた。

中型8t限定解除運転免許を申し込んでから約2週間・・・試験の日がやってきた。

朝5時に起床、ネットやYouTubeなどで試験の情報を得る。

普段乗っている3tロングの泉北丸(積載車)は中型の試験車両とほぼ同じ大きさなので運転はどうってことないけど、油断は禁物。

プロであるからこそ、念には念を入れて準備を進めるのです。

ネットであらかた試験の概要は把握。

そして何回も何回もTAX泉北の敷地で練習をする。

普段積載車に乗っているアドバンテージもある。

まあ、完ぺきとは言わないまでもここまでの準備をしてきた受験者はそういない。

集合は12時半やったけど、20分前には光明池運転免許試験場到着。

待合室のコース図を見て、ビデオを見て、実際のコースを見てると気持ちは高まる。

「このおっさん、何を力んでいるんやろう?」

って周りに思われてたかもしれんけど、そんなん関係ない。

とにかく1回で通りたい。

鼻息を荒くしながら待っていると、担当のお巡りさんが来て試験の説明をする。

その段階から好印象を持ってもらおうと必死にアピールをする。

試験官の顔を凝視して、話にいちいち大きく頷き、隣の掲示板を指すと素早く見やすい席に移動をする。

まあ、全然関係ないんやけど。

そして説明が終わって待つこと数十分、とうとう僕の名前が呼ばれる。

まずは中型限定免許の試験の人の後部座席に乗って試験コースを走る。

その人の試験は順調に進み、何一つ悪いとこは無いように感じた。

「あーこういう人が通るんやな」と思ってたら。

「〇〇さん残念ですが帰ってください」て・・・

どこが悪かったのかわかんないけど不合格。

うーん・・これは想像以上に厳しいかも・・・(一一”)

 

そして僕の順番。

緊張が走る。

あれ、めっちゃ緊張してるやん。

覚えてたことも何もかもすっかり忘れた。

そのままのふわふわした状態で僕は試験に挑む。

試験車両の4トントラックに乗り込む。

うん、安全確認は完璧。

「一発で通るところ、見したろうやないかい」

そして試験官のgoサインが出て僕は試験コースに出る。

ところが・・・・

トラックはスムーズに進まない。

泉北丸とは全然勝手が違う。

ミッションが思った通りに入らない。

ガクガクしながらコースに出て走る。

いやそれでもここは「ならし区間」なので採点には影響されない。

修正して走ればいいこと。

そして慣らし区間を終えて数十メートル、ここからスピードを上げて周回、S字、クランクなど

課題を次々にクリアして念願の中型免許取得に向かって一直線!!

だったはずが・・・

前方にコーン発見!

 

アブなーい!!

 

 

僕はウインカーを出しながらハンドルを切ってコーンを見事回避。

 

 

 

セーフ!!

 

 

 

 

 

 

 

「はい吉原さん残念ですが戻ってください。」

・・・・

 

そらそやな。

セーフ!!なワケないよな。

担当の警察官は非常に優しい口調で僕に不合格の理由を教えてくれた。

まずは乗り込むときの安全確認が足らなかったこと。

そして障害物を見逃して安全確認をせずに直前回避した危険行為が原因であると言う事。

まあ、当たり前の話やな・・・・

前の人の試験の時に僕がちゃんとコースを見ていればよかったんやけど緊張してたのか、あまりちゃんと見れてなかった。

 

ということで僕の中型免許の一発試験は十秒で終了( ̄д ̄)

 

現実逃避したい・・・

 

よしっ!次は通るで。