オークションで車を仕入れるということは・・・

2018年06月16日

最近はオークションでの仕入れもネットが主流。

ネットがなかった時代はマイナーなオークション会場に行けばライバルも少ないので安く買えることもあったけど、

今はネットで全国の業者が入札するので安く買える可能性も少なくなった。

それでも自社の車を出品したときは「何でこんなに安い?」というぐらい値段のつかないこともあって、

そういう時はきっちりと翌週に値段が付いて・「前の週は何やったんやろう?」ということもある。

ということは安く買えるチャンスがゼロではない。

ネット仕入れが主流なら、「じゃあうちは逆を行こう」ということで現場に行きます。

こんなことは書くまでもない当たり前のことやけど現場に行くと見え方も違ってくるね。

評価点は高くなくても非常に程度が良くてお値打ちの車、逆に評価点は高いけど値打ちのない車。

っつうことは、評価点が高くなくて程度の良い車を安く仕入れることが出来たら一番エエね。

これは現場に行かんと分からんことやけどね。

ちょっと前に見たポロ。

良かったけど高かった。

かなりの予算オーバーやった。

でも、その後で安くてエエのんが入ったのでこれを勧めよう。

 

A6は、後ろに事故歴があったけど予算的にちょうどいいので程度が良かったら・・・

でも、撃沈・・めっちゃ修理跡が悪い。

こういうのんめっちゃ嫌い。

 

B4・・かなり綺麗やったんですが・・・

なぜにこんなに競る?というぐらい高くなって撃沈・・・

 

 

 

 

 

朝は4時過ぎには目が覚めるので(笑)、時間の早いのんは平気やけどオークション会場が開いてません(^^;)

なので今日も今から行って来ます。