Loading...

あなたならどうする?

2016年06月01日

ある晴れた日の昼下がり。
お客様のところに車を持って行って歩いて帰ってきたのです。

ちょうど小学生の帰宅の時間帯。
男の子はぎゃあぎゃあ言って楽しそうに遊びながら帰ります。

僕の前に2人組の男子、さらにその前に3人組の男子。
2人組の男子のうちの1人がおもむろに路上に落ちていた3CMぐらいの石ころを持って
前の3人組めがけて投げたのです。

石はある子供の頭に命中。
投げた方の男の子はゲラゲラ笑ってます。
あてられた男の子はシクシク泣いてます。

これは・・・・イジメか?イジメやな。

走って行ってげんこつバーン!!

このご時世、これはまずいな。。。

よっしゃ、言うて聞かしたろ。

いや、これも効果薄いな。

なんか効果的な方法はないやろうか?

なんてことを考えながら歩いていると子供たちを追い抜かしてしまいました。

「おっちゃん見たで、下手したら大けがや、警察か学校に言わなあかんな」

「スイマセーン、二度としません(ノД`)・゜・。」

よっしゃ、これで行こう!!

と、振り向いたら・・・

子供たちは道を曲がったのかおらんようになりました。

色々考えてたらなんも行動できんかった。

さて、あなたならこんな時、どうしますか?