やっとたどり着いた①

2016年03月30日

昨日は店休日だったので夕方から歩いて大泉緑地に桜を見に行った。
いつもの「仕事のついでにウォーキング」のパターンと違って、なんとなくお出かけムードで楽しかった。
面白いこともいっぱいあったしな。
この模様は次回。

さて・・・
さて、とうとうこのお題に入ります。
スバルの専門ショップをやめて7年・・・
スバルに乗っていた当社のお客様もやろうけど僕自身も一つの方向性に絞り切れないでいた。
いや、中古車屋としては絞る必要はないのかもしれません。
だって、世界中にいい車は山ほどあるのやから。

VWもええし、BMWもエエ。
ベンツももちろんエエ。
中古車としての価格的はいずれも魅力やね。
ほんま、めちゃくちゃ安い。

んで、その中でも僕が最近一番お勧めしたい車を紹介させていただきます。

その前にいつも読んでいただいている人には知ってもらってるやろうけど、
僕がお客様に対してお勧めしたい車っていうのは

格好良くて、クオリティが高くて、新車と比較したら中古車として安い車。
新車500万、3年落ちで半額なんて理想やね。
その上、最近は安全性も非常に重要視しているのです。

ちょっと前までは、そういうのんって重要視してなかった。

何でかって言うたらクオリティは維持しつつ、そこの部分にも力を入れてくれたらエエねんけど、
国産車っていうのは、なんか新しい形になったらそれまで重要視していた部分をまるっきり捨ててしまう。
分かりやすく言うたら、ハイブリッド車が売れ出して、
年間に走行距離5,000㎞も走らん人までが「ハイブリッド、ハイブリッド」って言いだすと
メーカーは燃費政策にばかり力を入れて、それまでの乗り心地や剛性や素材感などは置き去りにされてしまう。

たとえばスバルのアイサイトもそう。
事故を未然に防ぐ意味では本当に優れた装置だと思います。
いや、最近の歩行者に対する事故なんかを見ているとむしろ必要な装備やね。

でもな、大事な部分、捨てたらあかん。
運転は安全であることが最重要、でもな、楽しいことも大事やと思うねん。
速度違反して飛ばすって意味やないよ。
なんやろ?「俺はこの車に乗ってんねん」的な・・ね。

昔はクラウンにもマーク2にもグロリアにもスカイラインにもレガシィにもそれがあった。
でも、今の燃費を重要視した車や安全性のみを重要視した車にその所有感が感じられるやろうか?

もちろん、ニーズもあるやろうから僕の考え方を押し付けることはありません。
その人のシーンに合った車は必要だとは思うので、そこはそこで最大限の提案はさせてもらいます。
実際に我が家の車はエ○ティマやし・・・

そんなことを感じて迷いに迷いながら7年。
やっと・・・やっとこさ・・・・

ほんまに今のこの相場やったらたくさんの当社の大事なお客様に紹介させていただきたい車が絞れました。

それは何の車かっていうと・・・

ボルボS60T6AWDです。

僕はやっぱり6気筒が好きや。
顔もかっこええ

レガシィでもそうやったけど自然な感じで出るトルク感っていうのは大事にしたい部分やね。
「エエ車に乗ってる」感も大きいしね。

この車が中古車で購入するのにどれだけ優れているか・・・

詳しくは明日紹介します。