自分の価値観で車を選ぶこと

2015年12月29日

しかし・・・
昨日で仕事納めしようかって思ってたけど納まれへん
「忘れる、間違う、間に合わへん・・・(笑)

ということで、今日も営業します。
って言うても僕以外のスタッフはもうお休みなので、
外出しているときは誰もおらんから必ず電話してから来てくださいね。

前回のブログで「自分の価値観」って話したんやけど、
それは「車にこそ強く現れて欲しい」と思うわけです。
人と同じのん乗るのはイヤやし・・・

「デザイン」「安全性」「性能」「機能」「価格」「経済性」・・・etc
基準はいろいろあるわな。

服やカバンやったら見ただけである程度分かるんやけど、
車は困ったことに、乗らな分からん、いやちょっと乗っただけでは分からん。
要するにある程度自分のものになって時間がたってから、
やっと良かったかどうか、判断できるのです。

でもな、そうは言うてもカタログやコマーシャルやCMでしか判断でけんしな。
乗ってる人の意見聞いても「その人が他の車のことどんだけ知ってんねん」
っていうのもあるし・・・

僕?
僕はある程度判断できますよ。
何でかって?
それは車や車に関すること、保険などに対しては経験値があるから。
だから、そこは損はしません。
(まあ、買う回数が多いので失敗も多々ありますが・・・)(笑)

「価格」「デザイン」「安全性」「性能」「作り」「程度」「使い勝手」
うわぁ、いっぱいありすぎる(笑)
モノの割に高かったら買う気は起らんし、
デザインが好きになれんのはもちろん買わん。
事故したときに自分の安全が守れんのもイヤ。
「走らん、曲がらん、止まらん」は高速道路が怖い。(泉北丸でさんざん経験してるんで(笑))
いくら格好良くても程度の悪いボロもイヤ。
僕みたいな年いっててデブには乗り降りしにくい狭い車もしんどい。
実際に我が家のミニバンも3列目に乗ったら、
追突が怖いし、長時間は窮屈で死にそうです(笑)

他にもいろいろあるんやろうけど、
上記のような要因で「好きか嫌いか」が決まるんやろうね。

千円二千円の買い物とちゃいます。
ほんまに何が欲しいのか?
そこを考えて買ってください。
考えている間が一番楽しいと思うのです。
買ってから「ほんまはあれが欲しかった・・・」よう聞くしね(笑)