「わからん」「知らん」

2015年06月26日

「わからん」
「知らん」
「さあ・・・」
「・・・・・」(ダンマリね)

これな、使われる局面によってはいっちゃん嫌いな言葉やねん。
いや、ほんまに知らん場合もあるよ。
そんな時はしゃあないと思うねん。

でもな、知ってるのに「知らん」「わからん」
ほんまは当事者やのに「知らん」「わからん」

罪を認めない犯人がよう言うてるよね。

「知らん」「わからん」は卑怯やと思う。

犯罪は論外やけど、誰でも失敗はすると思うねん。
特に行動派の人はね。

大事なんは「起こったことに対してどう解決するか?」

「雨降って地固まる」
ってことわざもあるしね。

かといってミスが許されるわけでもないんやけどな。。。

あんたが起こした問題やのにあんたがせえへんから誰かが泣いてんねんで。

そういうのん、もしかして平気になってんとちゃう?
っていうか、それ以前の問題でそもそも気が付いてないんとちゃう?

すいません、そういう人は僕にとっては恐ろしいです。