ゴルフは飛距離

2006年07月04日

今日はベイオーク(旧大阪南港オートオークション)のゴルフコンペ。
参加に関してはどちらでもよかったのだが
普段2ヶ月に1度のゴルフのタイミングが重なったので
今回は「どうせなら・・・」とこのコンペに参加した。

総勢66人の参加。
斜陽といわれる中古車業界、それでも66人の参加があったのは
まだまだ業界の健在ぶりを示す参加者数。
プライベートで参加するよりは会費も安く済むので
その魅力もあって参加したのだが、
僕が参加する理由のもっとも大きなものは
ドライビングコンテスト

これは技術に関係なく?とにかく飛距離を争う競技。
ソフトボールもゴルフもとにかくスポーツに関しては
「技術よりパワー」の僕にしたら
ドラコンはとにかく大事なものなのだよ。

普段からゴルフの練習をする時間があるのなら
バッティングセンターへ行ってている僕が
今回は珍しく練習場へ2回も行った。

1回目はそうでもなかったのだが、
2回目の昨日、練習場へ行った際になんとなくうまく打てた。
たまにまともに当たると飛距離が出る。
僕が打ってていると係員が後ろで立ち止まった。
他のお客さんもそれにつられて見に来る。

ゴルフはとにかくヘタなので
(頼むから見んといてくれ~)
と、思っていても他人の行動は止められない。
僕が練習場で売っている姿を見て
係員のオッちゃんが「300ヤードは飛ぶかい?」
僕「いやぁ~、まっすぐ飛んだことないから分からないです」
オッちゃん「コースにはどれぐらいのペースで?」
僕「2ヶ月にいっかいぐらいかな?」
オッちゃん「練習場なんかいくら来ても同じやで、
やっぱり現場に行かんと」
僕「・・・・・」
5人ぐらいのギャラリーを抱えて本当に恥ずかしい気分。
でも、その日は割りにうまく行ったので
そこはそれ、なんとなく自信があったのだが・・・

本日の出足の1番ホールはパー5のロングホール。
朝イチということもあって体は堅かったのだが
ダブルボギーでの出だし。
(まあ、こんなものか?)と思いつつ、
2番ホールのティーショットでOB。
いやいや、これも想定の範囲。
元々ゴルフがヘタな私がOB出すのは当たり前。
OBだけならよかったがこのホール、
シャンクが連続して上がって11。

その後もティーショットは
ショートホールでさえもすべてOB。
同組のプレーヤー
「ゴルフは力ちゃうで、考え方変えんと・・・」
(いや、変えられません、スコアに何の期待も出来ない僕が
ゴルフに来る理由はとにかく飛距離でしょ?)

人には「脳みそは豆腐だ。とにかく柔らかくして
いろいろな考え方を脳みそに刻め!」
といっているのだが、ゴルフに関しては
絶対に変えられません。

また、長くなったな。
ゴルフの話で2回も引っ張るのは申し訳ないけど
明日はこの続きで・・・・・
皆さん、おやすみなさい。

つづく