パトカー騒ぎ

2006年06月20日

昨日の新庄の最終打席。
結果はフォークボールで三振だったけど、
甲子園の新庄コールにも、
本人はさびしそうに応えてたな。
思い出深い甲子園の最後の打席ということで
こみ上げてくるものがあったのかな?
見ている僕までグッとくるシーンやったな。

しかし、昨日のパトカーの騒ぎのおかげで
変な時簡に寝たのに、今日は変な時間に目が覚めてしまった。

一旦、目が覚めるとなかなか寝られない。
もう外は明るい。
「ビールでも飲むか?」って訳には行かないので
こうやってパソコンに向かっています。

さて、昨日のパトカー騒ぎ。
自転車で現場に駆けつけてみると、
4台のパトカーと、白バイの小型?が3台。
結構な大事件?
(不安やん、思いっきり不安やん)

現場のおまわりさんに
「すいません、何かあったのですか?事故ですか?」
するとおまわりさん、
僕のことを野次馬の酔っ払い?と思ったのか、
手でシッシと<アッチ行け>のゼスチャー。
「いや、ここの店のものなんですけど・・・」
「ああ、ここには関係ないよ」

現場にはおまわりさん10人以上と
事情聴取を受けている怖そうなオッちゃん。
それと「ストライーク」と叫びたくなるほどの綺麗なお姉ちゃん。
「拉致?拉致?」と叫んでいる中学生ぐらいの野次馬風。
それに、さらに野次馬風の近所の酔っ払いのおっさん。
(これ、僕のことね)

結局、何があったのかわからずじまいだったけど
家に帰ってきてしばらくすると
パトカーはいなくなっていました。
多分たいした事件ではなかったんでしょう。

でも、そんなことでもすぐに駆けつけてくれる警察って
本当にありがたいよね。
ああ、今日は一日眠たいやろな。
時間が中途半端なので早朝の打ちっぱなしに行くか、
それとも、朝の日差しの中で撮影に挑むか?
とりあえず、もう一度布団に入って考えよう。