怒!2題

2006年06月06日

近所のブックオフ。
駐車場に止めてある車。
セキュリティがしょっちゅう鳴る。
たいそう優秀なセキュリティなのだろう。
近くの車が「バタン」とドアを閉めただけで、
ビィーーーーーーーーーッ
クラクションが鳴りっぱなし。
ビービーと立て続けになるタイプではなくて
ビィーーーーーーーーーッッッ
もう、けたたましく鳴りっぱなし。
車の持ち主、慣れっこなのか、
絶対に聞こえているはずなのにお店の中から出てくる様子もない。
なんの威嚇のつもりか知らんけど、本当にやめて欲しい。
本当に盗難やいたずらを防ぎたいのなら
あそこまで感度を上げなくても良いのでは・・・
少なくとも、装着している側の責任として
鳴らしっ放しはあきません。
鳴ったら迷惑かけることも考えなあきません。
セキュリティなんて、鳴ったらそこでお役目ゴメン。
気付いたらなるべく早めに止めて欲しいものです。

うちの近所には赤ちゃんがいる。
人の迷惑は考えないのだろうか?
もしかして、ああいったセキュリティをつけていること自体、
「格好イイ」とか勘違いしているのではなかろうか?
一度鳴ったら1分は鳴りぱなっしのあのセキュリティ。
あの音聞いている人のうち99%以上が迷惑と思ってる。
早く気付こうね。

今日は午後から、お役所2件。
お役所といっても市役所や警察ではなく、
労働基準局と公共職業安定所。
いつも思うのだけれど、
なんでこっちからわざわざ出向かなければならないのだろう。
インターネットや電話で済みそうなものなのだが、
「お越し頂かなくてはなりません」

確かに、そらそうかも知れない。
労働保険や雇用に関しては、色んなケースがあるからだ。
ところが、いざ出向くと、右か左かどっちかの答え
い、いや、それやったら窓口の人間、いらんやん。
インターネットや電話での受付にしたら人も少なくて済むやん。

社会保険事務所もそう。
健康保健証の更新に事業所として
加入者全員の保険証を預かって
わざわざ出向かなければならないのだけれど、
〇月〇日、〇時から〇時なんて指定されていて、
「その日に来れない場合は電話下さい」とある。
「駐車場が少ないのでお車での来所はご遠慮下さい」とある。

社会保険自体の制度が危ぶまれている中で、
実際に運営している人たちは何の危機感もないのか?
国民が社会保険や厚生年金離れしている中で
どうしてもっと広く受け入れられる方法を考えないのだろうか?
商売をやっている僕にしたら、加入者に来所を強制して
時間指定までして来所させようとするその姿勢に、
ものすごく違和感を感じる。

それに比べて、税務署の人なんか
呼んでもないのに飛んで来てくれる。
なんでやろ?
でも、あまり来ないでね

僕は何でも疑問を持つ方やから、
改善できることは改善しなくては気が済まない。
雇用制度、社会保険制度、年金制度、
すべて先達が築き上げた素晴らしい制度である。
なら、それを運営する人も現場に立つ人も
もっともっとみんながその恩恵を享受できるよう、
また、より多くの人に理解を得られるよう、
改革して行くのが当たり前と思っている。
なんで、今あることが「当たり前」と思うんやろう?
もっともっと、みんなで良くなる方法、考えなあかんね。

うーん・・・
まじめ、話題がまじめすぎる。
明日はもうちょっといつもの僕で・・・・