Loading...

170万で3シリーズの上位機種に乗ってみる

2018年07月25日

BMWと言えば6気筒、BMWの6気筒と言えばシルキー6

今回入庫したのは245ps4気筒ツインターボの328iMスポーツ。

心配やな、4気筒ツインターボ。
あのせわしないタイトな感じの載り味とちゃうかな?
BMWはやっぱり6気筒やで。。

なんて心配は御無用。

先日、この車で高速道路1時間。
ん?1時間で何が分かる?
いや、十分にわかるのです。
実は以前、7時間近く乗っているのでね。

 

4気筒のツインターボは実にシルキーに滑らかに力強く回るのです。
8ATの恩恵でレスポンスもすごく良いです。

6気筒との遜色は少ないです。

もちろんボディ剛性はBMWならではの剛性。
この車はMスポーツなので足回りは多少固さを感じるものの、
それでも不快なごつごつ感は皆無。

シートもこの大きな体を十分に包んで余る安心さ。
運転が心地よいってまさにこの車の事を言うんとちゃうかな?

シルバーでも十分に格好いい
いや、このMスポーツやったらシルバーが十分に格好いい。
いつものようにデザインには触れない僕もこの男っぽさはすごく良いと思う。

ただ、この仕様で新車価格は610万。

新車では、なかなか乗れる車とちゃうわな(笑)

でも、今回の2012年BMW328iMスポーツ、車検2年付いて総額で170万。
高い軽自動車の新車より安いです。

ただし、走行距離は7.7万㎞。
故障?
元々、ドイツは年間走行距離3万㎞の国ですがな。
7.7万㎞なんてまだまだこれからの車です。
もちろん、その辺の不安も提携工場できっちり整備してのお渡しです。

毎日、50km以上通勤で使う人には厳しいかもしれんけど、

自分みたいに休みの日に週に1~2回、なんて人はピッタリとちゃうかな?

これが7.7万㎞?
これが170万?って絶対に思うから。

まさしく中古車の醍醐味です。