この年になったら感動することなんてないでしょう?②

2017年02月25日

// 代替画像を表示する ;

そういう車好きのお客様はどこにシフトしていくのかというと
輸入車にしていくしかないんです。

幸か不幸か。。。

「乗るクルマないよね~」
って、言う人が例えば10年落ちの新車価格800万ぐらいの車に試乗すると
「なんじゃ、こりゃぁぁ」」ってなります。
「お前はスバル提案せんと最初からこれを提案してたらよかったんや」と

いやいや、勘違いせんといてください。
輸入車の中古車が安くなったのはここ数年、
エコブームも大きいかな?
クオリティの高い車は中古では逆に安いです。
分かりやすく言えば排気量の大きい車は中古では安いです。

国産車は排気量小さめにシフトして行ってます。
アホみたいなエンジンになっているのに新車価格が高くなっている車種も多数・・・

でも逆に排気量大きいというだけで新車時高い車が中古では安い。

ええね、実に美しい。
中古車としては本当に美しい。

燃費が・・・

もう、エエんとちゃいますか?

あんたら年間に何キロ乗るねん?

それでもさあ、そういてもね、
僕の考え方をあんまり強く押し付けるわけにはイカンね。

でもね、こんな車がオークションに出てたわけさ。

S5のスポーツバック。
新車価格889万、339psの4WD
いや、本当に中古の価格が美しい。

もう、スタイリング見ても、内装見ても
ドアの内貼り一つ見ても、それこそ運転している自分を想像したら・・・
○。○します。(笑)

この車の中古車としての提供価格、
ひょっとしたら某人気ハイブリッドの新車価格とおんなじぐらいとちゃうかい?

それでもさあ、僕は強くはよう勧めやんのです。
マニアックな車やしね。

そんな踏ん切りのつかない僕にね、かけてくれたお客様のひと言、

だってね、この年になったら感動することなんてそんなにないでしょう?

すいません。
もう、ほんまにすいません。
ありがとうございます。
もうほんまにありがとうございます。

本来僕はそれをするために中古車屋をやっているはずでした。
それがいつの間にかお客様に背中を押されました。
もう、この一言でずいぶんといろんな憑き物が落ちました。

結局、買えやんかったんけど、まだ終わってません。

この車も含めてたの感動できる車、どんどん提案していきたいです。

自分自身の生き方、存在価値、原点に戻れました。
感動したのは私の方です。

必ず、感動してもらいます。