小顔は子顔?

2007年07月19日

久しぶりにビンビンのB4、買えた。
この3.0RSpecB、4週間追っかけた。
入荷は土曜日、乞うご期待。

今日は夜に京都のお客様の所へR2の引き取りに行った。
1年ちょっと前にR2を御購入いただいたのだが、
今回、車の用途が変わり、もう少し大きめの車に乗り換えることになった。
今回の乗り換えも当社にご用命いただけることは本当に嬉しい。
「お任せ」いただけるとのことで、もう、メチャクチャ張り切っている。
必ず、ご家族にサプライズいただける提案をさせていただきます。
もう少し、お待ち下さい。

行き道は代車のプリメーラ2.0。
そして帰り道はR2スーパーチャージャー。
帰り道のほうが圧倒的に楽しかった。
高速道路を使っての約1時間の道のり。
R2S、やっぱり名車や。
これに勝る軽自動車はないかと・・・・

帰りに伊藤久衛門の和菓子を戴いた。
ここのお菓子はかなり美味い。
PIZAさんにも戴いたけど、やっぱり京都の和菓子は美味しいね。
皆さんの心遣い、本当にありがたいです。

昨日、東京からの帰り道の新幹線で雑誌のなかの記事。
「小顔は子顔」
ん?小顔は子顔?
昔の日本人の食生活は野菜や魚などの固い食物が中心なので、
その咀嚼によってあごや頬骨が発達し、必然的に顔全体が大きくなった。
ところが子供のうちはあまり固い食べ物を食べないので
あごや頬骨が発達していなかった。

その頃の着物は和服。
和服にはどちらかと言うと顔面が大きいほうが似合う。
だから昔は大きな顔の人が美男、美女ともてはやされていた。

対して、西洋人、パンや肉食中心のやわらかい物の食生活が中心。
だから、あごや頬骨が発達していない。
必然的に顔面は小さくなる。
また、小さい顔のほうが洋服には似合う。

ここ数十年で日本の服装も洋服が中心になってきたので
洋服の似合う小顔がもてはやされる。
食生活の変貌に伴って日本人の顔も必然的に小さくなってきた。

ふーん・・・・・
ということは僕も50年前なら美男子か?
(いや、単に顔が大きいだけの人間やな・・・きっと)