紛瘤腫摘出

2007年01月19日

背中痛い。
今日は背中の紛瘤腫を取って来たんです。

手術室に入ると、そこはテレビで見たような
青ずくめの3人の看護士さんが手袋はめて立っていました。
初めのうちは、3人の看護士さんに囲まれてとても幸せな気分。
でも、そんな幸せな気分も数分で吹き飛びました。

大きいのが2箇所あったので手術は2時間近くかかりました。
今日の手術を忘れてて、昨日たっぷり呑んだので
麻酔は全然効きませんでした。
もう、痛いのなんのって。
もっと大きな手術する人はもっと痛いんやろうな・・・

それでも、麻酔を10本以上打ち、何とか手術は終了。
昨日は背中が痛くて寝れなかったのですが、
今日は何とか寝ることが出来るかも・・・?

でも、看護士さん、えらいな。
うつ伏せに寝ている僕の顔を覗き込んで
「大丈夫?大丈夫?」
「もうちょっと、頑張れ!」
何回も繰り返してくれました。
どれだけ心強かったことか・・・

始めのほうは余裕があったので
「ぅーんっ、まだまだ」
「バッチ、こーーーーい」
って、余裕かましてたのですが、
最後の方はリアクション出来ず、ただ頷くばかりでした。

術後、麻酔が切れてすぐに会社に戻ることが出来ませんでした。
まだまだ、弱いッス。