妥協と焦りは禁物

2007年01月10日

// 代替画像を表示する ;

年が明けてから在庫車への引き合いがかなり強い。
その中でも、やはり、レガシィへの引き合いはかなり強い。
元々の商品力は折り紙つき。
でも、競合はかなり多いから、
普通のレガシィを広告で売ろうと思えば
利益率は低いし、利益を下げても簡単に売れるものでもない。

普通のレガシィを単純にオークションで仕入れても売れない。
数あるラインの中、努力して探して
自信を持って提案できる商品を仕入れることが出来ないと、
お客様にも自信持ってオススメできない。

年明けからかなりの台数のレガシィがオークションに出品されている。
それもかなりの高値で寄り付いている。
中には12月からずっと流札されていた商品が
1月に入って急に高値で落札されているケースも多く見られる。
休み明けは決まってそうだが、
商品の数が少なくなると、仕入れの基準も下がって
先月までは見向きもしなかった商品でも
年が明けると気持ちも新たになって、高値で落札されていたりする。

まあ、毎年のことだから別段驚くこともないのだが、
仕入れる業者がこうだからといって、
ユーザーのみなさんはどういう風に中古車を見ているのか、
疑問に感じている。

業者の仕入れ意欲が増すということは
小売市場も活発化しているということか?
ネットや情報誌などを見て、お休み中色々考えて
勇気を振り絞って、いざ、お店に電話してみると
「すいません、もう売れてます」なんてことはないですか?

そうなると、あせってしまって、
購入予定の商品のハードルを下げていることはないですか?
気付いたら、12月には却下した商品より、
悪くて高いものを契約してたりして・・・・

確かに中古車はタイミングです。
一度巡り合った商品は二度と出てくるとは限りません。
でも、売れてしまった商品は「縁がなかった」と考えましょう。
妥協しないで時間をかけて探せば、必ず、見送った商品より
良い中古車に巡り合えるはず。
だから、あせらないで、妥協しないで
本当に気に入ったものを購入してくださいね。

まあ、相場も2~3週間で落ち着くと思います。
そのタイミングを乞うご期待!!