プロの集団

2006年11月12日

お店をさあ、スーパープロ集団にしたいのさ。
僕の言うスーパープロは、
様々なお客様の悩みや不安を解決し、
そして何よりもお客様の夢の実現に向けて、
一緒になって必死に考え、最良なアドバイスが出来、
最高の結果を出すことの出来る人間のこと。

そのためには相応の知識は必要だけど、
分からないことでも、最大限の努力で
そのお客様にとって一番いい方法を提案できるようになれば、
それが自身の蓄積になるし、蓄積されたことは
知識、経験になるから、どんどんとスキルアップし、
そして本物のプロに近付いていく。

中古品というカテゴリの中では僕らの扱う商品=中古車は
もしかしたら、かなり成熟した業界といえよう。
商品にこだわりさえ持たなければ、
オークションが充実しているので、比較的簡単に仕入れが出来る。
簡単に仕入れが出来るということは、
簡単に中古車屋が開業出来ちゃうんですよね。

オークションから仕入れてきて、
その原価に利ざやを載せて販売する。
このスタイルは僕らの業界だけでなく、
小売業や商社であれば基本は同じなんですけど、
これがねえ、皆さんが勘違いする元なんですよ。
どんな商売でも、そんな単純なものではないんですね。

お客様に安くていい買い物をしていただこうと思えば、
オークションで仕入れるにしても、かなりの努力と熱意が必要。
ましてやそこから利益を得ようとしたら更なる努力が必要。
でもまあ、これぐらいのことなら多分、
どの中古車屋さんでもやってるんですよね。

僕が望んでいるスーパープロ集団は
そこからさらなる上を目指したい。
「サプライズな提案をしたい」
まあ、これはいつも言ってることなので、ここでは置いといて、

例えば保険、例えば交通事故、例えば金融、etc。
廃車一つにしても、リサイクル法が出来てからは
車検付の車はどんな古い車でも1~2万で売るなら
解体した方がお客様の手取りが多くなったりするんですよ。

売る側にとったら何人かのお客様のうちの一人でも
お客様にとったら自分が抱えている問題点は
自分にとっての最大な問題点でもあったりするわけです。
そういうことを相談される僕達は
お客様と同じ立場に立って解決して行きたいんです。
簡単に言えばバッテリー一つ上がっても
お客様と一緒に大騒ぎしたいんです。
そして、大騒ぎするからこそ即座に解決したいんです。

僕も色んな仕事を抱えながらやっているので
一時に必死になれる案件は10~15件が限界かな?
でも、5人いれば50人以上jのお客様の役に立てるよね。
そうやって役に立ってこそ利益が生まれると信じています。

今は残念ながらまだスーパープロ集団にはなってない。
同じ種類のプロばかりがいても仕方がないんだけど、
プロになろうと思えば、そうなりたいと思わなければなれないよね。
熱さ が大事なんですよ。
熱さが

我がTAX泉北、スーパープロ集団になれるのはいつの日か?