買いすぎは禁物

2006年11月06日

近頃、お弁当を買いに行くお気に入りのスーパー。
土曜日はビックリのチキンカツと海鮮巻寿司を買ったのだが
ついでに、これまたビックリの魚を買った。

まずは40cm以上はあろうかという天然物のハマチ。

お刺身OKということで1匹購入。
価格はなんと380円

えーっと、お次は60cmぐらいのさごし(鰆の小ぶりなやつ)。

1パックに2匹入ってこれまた380円

それから30cmぐらいの天然物の鯛。
塩焼きにするとぴったりのサイズ。
これは680円。

生ズワイガニは小さめだが、2ハイで680円。

大き目の生だこ半分で580円普通か?

たことカニは2パック買って、カニタコ大好きの社長におすそ分け。

早速、土曜日の夜に奥様がハマチを捌く。
ハマチを三枚におろすと、予想通りお腹から消化しかかった小鯵が出現
肝心の味は・・・380円だから期待はしていなかったが、
〆て時間がたっているにも関らず、まあまあのお味。
天然が本当かどうかは知らんけど、しつこくなくてよかった。

カニ、そのままゆでる。
うーんと、こんなにあっさりとしたカニは初めて
誰かの食べ残し?と思うほど中身が入ってない。
でも680円で2ハイ。
文句言ったらあきません。

タコ、塩茹でに。
これはこんなものか?
考えるとそんなに安くもない。
買わなければよかった。

さて、日曜日はさごし、
これはぶった切ってそのまま塩焼きに。
このサイズ、脂が乗っていなくて美味くないはず・・・?
が、これも予想に反してまあまあの味。

天然?の鯛、塩焼きに。
この辺になるとさすがに魚を見るのも嫌になる。
でも、あっさりさがちょうどよい。
しつこくなく、でも風味もない。
かまぼこの方がまだ味わい深い。

さて、本日。
家に帰るとお好み焼きの良い匂い。
おおっ!美味そう

赤レガさんに戴いた十割の新そばと小さめのお好み焼き。
組み合わせとしては歪やけどご馳走や。
茹でたての新そば、めっちゃ秀逸
赤レガさん、ありがとう

そして、ビールを取ろうと冷蔵庫を開けると・・・・
なんとなく冷たい視線を感じる。
見れば、ラップにくるまれた隙間から
土曜日にゆでたカニがこっちを見ている。

思わず目をそらして一段下を見る。
すると、これまたラップにくるまれたさごしの塩焼き
もったいないのでレンジでチン。

昨日まであんなにあっさりと感じた魚達。
今日は口のなかでしつこくて、くどくて仕方がない。
このあっさりとした魚の味を「くどい」と感じる。
僕もとうとう、和食の達人の域か?

ここまで来るとさすがにカニは食えない。
今も片方の足をもがれながらも、冷蔵庫でニラミを利かせている。
あわれ、足をもがれたカニ、運命はイカに?いカニ?いかに?
しつこいってか?大阪人な物で・・・スイマセン

いくら安くても買いすぎはあきません。