若いからこそ・・・・

2006年10月28日

今日も暖かい一日。
昼間は半袖で過ごしても
そんなに違和感を感じないぐらい。
もう日本はすでに亜熱帯?
寒いのが嫌いな僕は暖かいほうが嬉しいのだけど
温暖化ということから考えると
のんきなことは言ってられないよね。

最近は普段、運動をしない。
ジムには長い間行っていない。
ジムの会費は毎月1万円ずつ引き落としされている。
嫁には行った回数よりも引き落としされた回数が多いと
チクチク嫌味を言われる。
ちょっと走ると息切れをする。

背中の後ろで肩越しに左右の手が組めない。
仕事でも肉体労働はしない。
本当に普段、体を動かすことはまったくない。

体もムチャクチャ堅い。
前屈など前方面、股関節は昔から堅かったが
今は直角に曲がらないほど堅い。
唯一、柔軟性のあった背中、腰に関しても
ヘルニアの影響からかメチャ堅い。

握力、背筋力も10kg以上落ちている。
腕立て伏せも100回は出来ない。
たまにプールに行っても100m泳ぐと今際の際を彷徨う。
復帰するとすぐにビールが呑みたくなる。
だからプールに行くときはジムではなく
健康ランドにしている。

それでも、ソフトボールは続けている。
若い頃のスピードから考えると、球速は10km近く落ちたはず。
でも、なぜか今のほうが三振が取れる。
特に変化球の種類が増えたわけではない。
確かに対戦相手はクラスが落ちた分、弱くはなっているけど・・・

何が変わったのだろう??
それは技術。
若い頃にはなかったコントロールと駆け引きが備わったのであろう。

だからと言って満足するわけではなく。
今は何を求めているかと言うとスピードと変化球のキレ。
ただ、これからそれを求めようと思っても並大抵のことではない。

だからこの年になるとむちゃくちゃ後悔している。
学生時代は特に変わった工夫をしないでも直球で三振が取れた。
普通にスイングをしているだけで柵越え連発。
今のように能力の80%近くを発揮して
やっと犠牲フライということはなかった。
あの時の体力と今の技術があれば・・・・

若いときやから備えている体力、スキル、意識があります。
年取ったら100m11秒台で走ることは多分無理です。
なら、潜在能力があるうちに鍛えましょう。
僕はまだまだ自分自身に求めていきます。