Loading...

丹波の黒豆

2006年10月20日

みなさんこんばんわ。
今日はようやく9時前に帰宅しました。
子供とたっぷりと時間を過ごしました。
久しぶりに子供する会話の時間、至福の時間でした。

でも、近所のお付き合いで10時過ぎに家を出てさっき帰ってきました。
出かけるとき、
「お父さんどこに行くの?」
と聞かれたので
「うん、もう一人の子供のところへ行くんだよ」
と冗談を言ったのがまずかったのか、
子供は泣きそうになりながら2階へ上がっていきました。
しまった・・・・

いい車の仕入れが出来ません。
いや、「欲しい」と思う車が出品されてません。
今週は火曜日の横浜のオークションで
BMWのZ4を購入した以外は1台も買っていないです。
うーん・・・これでは商売にならない。
でも、気に入らない車は買う気がしない。
今日の東京のオークションなんか
出品1万台中、ピックアップしたのが5台。
市場から段々と魅力のある車が消え去って行ってます。
今日、明日は良い車があるように願います。

勤務時間中は本当に憂鬱になることがたくさんあります。
特にお客様の期待に応えられないとガッカリします。
そんな中で今日、ご来店戴いたお客様から戴いた一言。
「あんな、kuroちゃんには気ぃつけた方がエエで、
いつでもyoshiちゃんと喧嘩しようと思ってるで」
このひとことを戴いたのは当社HPの
お気に入りに掲載している大蔵のマスター。
よくよくお話を聞くとkuroちゃんさんは当社の古いお客様。
20年ぐらい前に当社からご購入いただいた車が
イマイチ、調子が悪かったらしい。
やはり、一度抱いたイメージはそう簡単に拭い去りえるものではなく
いまだに当社のことを「悪い中古車屋」と思っておられるらしい。

大蔵のマスター、
「気にすることないで、大昔の話やもんな」

と、いって下ったけど僕はそうは思わない。
20年前にご迷惑をかけたのなら今こそ名誉挽回したい。
名誉挽回させて戴く機会が与えられないのなら
お詫びの言葉だけでも述べさせていただきたい、。
これ、本心。
だって車のことで当社の関ったお客様が
何かしら、不快感を持っておられるのなら申し訳ない。
kuroちゃんさん、明日はどこにいるんだろうか?

昨日、お客様から枝豆を大量に購入した。
それも丹波の黒豆。
せっかくだから皆さんにご賞味して欲しい。
残り5束。
とにかくご来社いただいた人に持って帰って欲しい。
誰か来てくれへんかな?