Loading...

家中が串カツ臭い

2006年09月11日

体調が悪い。
昨日は朝イチから1試合投げた。
昼前には会社に戻って仕事をした。
何人かのお客様とお話をさせていただいてからの夕方、
急に汗が出てきて気分が悪くなってきた。
「倒れそう」までは行かないが、
久しぶりにかなりしんどかった。

家に帰ってから家族で串カツをした。
串カツ鍋なる小さなフライヤーで、
串に刺した野菜や海老、豚肉などを目の前で揚げた。
こうしてみんなで食べると、なんでもない茄子や
安物の鶏肉が非常に美味しい。
「空腹は最高のスパイス」というけれど
みんなで食べることはもっと最高のスパイスやな。

体調が悪かったので、ブログも書かずにそのまま寝た。
でも、体に染み付いた習慣というのはえらい物で、
早く寝れば、それだけ早く目が覚める。
「たっぷり寝るぞ」と早めにふとんに入ったのだが
こうやっていま目が覚めた事を考えると
普段と睡眠時間はほとんど変わらない。
家中が串カツ臭いのもあったけど・・・

久しぶりに早く目が覚めたので
近所をジョギングでもしたいのだが、
昨日のお酒も抜けていないのでジョギングは無理

昨日の試合もなんとか完封できたけど、
それは相手のバッティングが調子悪かっただけであって
自分の実力でないことは分かっている。
普段、ウインドミルを人に教える時、
「手だけで投げるな、体を大きく動かせ!」というものの、
自分のピッチングは体が大きく動かず、
手先だけのごまかしのピッチングになっている。
最近は強い相手とやると、僕のピッチングでは通じない。

ソフトボールのためだけではないが、
生活パターンを変えたい。
夜型をやめて朝型にシフトしたい。
生活パターンを変えることで、体の力を取り戻したい。
そうすることで会社もかなり変わる気がする。

昔、急性肝炎で入院したことがある。
1ヶ月間毎日、病室の天井を見て過ごした。
もう2度とあんな思いはしたくない。
生かされている事をありがたく思わねば・・・

仕事も同じだと思う。
声をかけてもらっていることに感謝しなければならない。
仕事があるうちが「花」
いい加減な仕事をしていると、
そのうち声をかけてもらえなくなる。
こんなことは当たり前のことやけど、
人間はすぐに「自分が可愛くなる」ので
感謝の気持ちを忘れて、落ち込んで弱ってしまう。
感謝するのはヘタだけど、
落ち込んだり、ふさぎ込むのはなぜかうまいので、
感謝している時間に比べると
ふさぎこんでいる時間はかなり長い。

いつも前向きに能天気に生きている人は
「感謝する」ことに長けた人だと思う。
そういう人を見て「悩み事がなくてええなあ」
と言う人がいるが、悩み事がないのではなくて、
喜びを感じるのが上手なんだろうと思う。

他人から見れば僕は
「心が強くて前向き」に見えるらしいが、
本当は全然そんなことはない。
本当の僕は「上がる」より「落ちる」事が多い。
でもなあ、冷静に考えたらなあ、
今はごっつい幸せなんやて。