Loading...

メシの友

2006年08月26日

TAX近畿ブロックのホームページをリニューアルした。
ほとんどTAX本部のホームページとかわらない。
でも、これから少しずつ、触っていこうと思う。

今日は本当にビックリした。
うちの嫁さん、青いタオル地のハンカチを持っていた。
そう、あの早稲田実業の斉藤君と同じようなやつ。
こうまで流行に敏感な奴だとは思わなかった。
あの青いハンカチで滝のように出る大量の汗を拭くのだろうか?
同じような青いハンカチでも彼女が持つと
残念ながら斉藤君のような爽やかさはなかった。

青田典子がテレビで言っていた。
一番好きなお弁当は、中学生のときお母さんが作ってくれたお弁当。
山盛りのご飯を弁当箱のふたで無理やり押し込めて
ご飯が弁当箱の形に凝縮したお弁当。
そう、そうなんです。
実は僕もまったく同じ。
味の基本は男でも女でも「母親の味」が基本という人は多いと思う。
僕の場合も青田典子と同じで、ギュッと弁当箱の形に
押し込められたご飯が好きだった。
米粒の隙間もない弁当箱に箸を差し込む瞬間は嬉しくてたまらなかった。

不思議とおかずの印象は押し込められたご飯よりも薄い。
その頃のおかずは特に凝ったものではなく、
玉子焼きや佃煮などが多かった。
昔はそんなに裕福ではなかったので、食べ盛りの子供に
とにかくご飯を美味しくたくさん食べさせるため、
濃い目の味付けのものが多かったように思う。

その頃の経験があるせいか、僕は今でも「メシの友」的なおかずが大好きだ。
少量のおかずでとにかくご飯をぐびぐび飲み込めるような
ご飯に合うおかずが大好きだ。
今では年を取ってしまったので、辛子明太や牛肉の佃煮で
ご飯を2杯3杯食べることはなくなったが、
それでもご飯に合うおかずがあると嬉しくなる。

皆さんの「メシの友」って何ですか?
梅干?漬物?辛子明太?鮭?メザシ?
色んな「メシの友」があるんやろうけど、大体そんなもんか?
若い頃は「焼肉と冷ご飯」が好きだった。
でも、今は焼肉はあまり食べられない。
「コロッケにソースかけてご飯」
コレは今でもいける。
正確に言うと「メシの友」ではなくて、ご飯に合うおかずなんやけど
同じような人いないかな?

玉子かけご飯の話に持っていくつもりやったけど
「フリ」が随分と長くなってしまったのでまた明日。