祝!決勝トーナメント進出

2006年07月17日

今日は皆さん、お休みでしょうか?
連休最終日だというのに生憎のお天気ですよね。
当社も今日は今のところ、来店のお客様は少ないです。

私は首から左半身の痛みがあまりにも激しくて
昨日はPCに向かうことも侭ならず、
ブログはお休みさせていただきました。

普段は1日の終わりに日記のようにこのブログを書いているので、
こんな時間にブログを書いているのは変な感じですが、
まあ、たまには明るいうちから書いてみようかと・・・

泉南オープンネタはちょっとしつこい気もするのですが、
まあ、せっかくなので最後まで書いてみようかと・・

試合を控え、万全の体制で臨まなければならないのですが、
首から左半身の状態は最悪。
土曜日の夜中に痛みがかなり激しくなってきて、
眠ることも出来ず、効き目のないのは分かっているものの
ガマンできずに座薬を1丁。
再び、横になったがやはり効き目はない。
その代わりに便意をもよおして来てトイレに直行。
座薬はすべてトイレの藻屑へと消えた。

そのまましばらく横になっていたが、やはり痛みは引かない。
時間はすでに朝の4時。何とか2,3時間でも眠るために、
今度は痛み止めの飲み薬と胃薬、筋肉の収縮を抑える薬を飲む。
やっとの事で眠りに就いた。

携帯電話の目覚ましの音で目が覚める。
ん?痛みは?
夜中ほどではないがやはり少し痛い。
サッとシャワーを浴びて、気休めに再び座薬を1丁。

試合会場に着き、ウォーミングアップを済ませ、
試合開始の瞬間を待つ。
相手は泉南市Aクラスの強豪チーム。

初回、やはり左半身の痛みで、バランスよく投げられない。
2つのフォアボールとタイムリーヒットで1点先制される。
その裏の攻撃、うちのチームには珍しく、連打連打で5点奪取。

2回から僕の投球も立ち直ったか?に見えて試合は楽勝ペース。
か?と思われた5回の表、相手チームの攻撃。
やはり1つのフォアボールをきっかけに、連打連打で
なんと5点を入れられ、逆転された。

もう、こうなると試合の流れは、相手ペース。
ここからの逆転の力はうちのチームには残っていない。
ソフトボールはやはり流れが左右する。

もはや万事休すか?
その裏のうちのチームの攻撃、先頭打者がのフォアボールで出塁。
フォアボールやエラーはやっぱり絶対に駄目。
試合の流れが一気に変わっていく恐れがある。
そこから連打、そして満塁から走者一掃の3塁打で再び逆転。
そしてさらに相手投手の暴投で1点追加。
一転二転した試合の流れは再びうちのチームに来た。

左半身の痛み、試合開始からずっと痛かったのが
このあたりになると気にならなくなってきた。
そうなるとバランスも戻ってきて、
この後は相手チームの攻撃を寄せ付けなかった。

ここ何年間かで調子は一番悪かったけど、
味方の援護にも助けられて何とか勝利を手にする事が出来た。

泉南オープン、参加55チーム中で一番弱いうちのチーム、
なんと決勝トーナメント進出。
決勝トーナメント、初戦の対戦チームは大阪直轄の超強豪チーム。
勝てる可能性は1%もない。
元々僕らより上手な人たちが、僕らより一生懸命努力している。
それでも、同じ土俵で戦えるのだから、
何とか失礼のないような試合が出来るよう、頑張りたい。

試合が終わってから、左半身は再び痛み出した。
今日も痛くてどうしようもない。
病院は休みだし、明日まで何とかガマンしよう。

やっぱり、明るいうちに書くのと、寝る前に書くのでは
全然、文章の内容が違う・・・・かな?