言い訳をば・・・・

2006年05月11日

昨日は夜に吹田市にインプレッサWRXを納車に行った。
雨降りの中、近畿自動車道で摂津北インターまで走ったけど、
さすがはインプ、本当に楽しくて安全なドライブ、何の不安もない。
このインプ、15年式、走行8000kmのソリッドレッドなんだけど
こんな車が店頭で150万前後で販売できるなんて幸せです。

納車が終わって堺に帰ってきたのが夜の11時30分、
それからさらに焼鳥大蔵のマスターに納車。
車は11年式のセンティアエクスクルーシブ。
インプの後に乗ると・・・・やっぱりグニャグニャ。
僕には少し、やわらか過ぎるような気がする
それでも、人それぞれ、大蔵のマスター、
この乗り心地がお気に入りらしい。

家に帰ってきたのが夜中の12時30分。
その時間まで呑まず食わずで過ごしてきたのだが、
それでも、家に帰るとビールが呑みたい
缶ビールのロング缶、一本呑んで、落ち着いたら
そのまま寝てしまってブログ書けませんでした。

と、長い言い訳を一つ・・・・

昨日は午前中に岐阜のお客様が来社されて
これまた、インプレッサWRX2005WR-LTDの納車。
遠路はるばるお疲れ様でした。

下取はランエボⅥのトミーマキネン、スペシャルカラーパッケージ。
フロントに少し修復暦があるので当社では小売できないが、
アフターパーツがたくさん入っているのでお値打ち物。

ただ、このランエボ、ちょっとだけ普通じゃない。
なんと、外観にWRCレプリカのカッティングが施してある
「マルボロ」、「ベルサーチ」色んな会社の宣伝が・・・・
派手です・・・・

少しだけ、乗ってみた。
やっぱりインプとはかなり味付けが違う。
バランスだったらやっぱり圧倒的にインプに軍配が上がる。
でも、ジャジャ馬さだったらランエボかな?
これはこれで面白いし、ファンが多いのも頷ける。
久しぶりに乗ったけど結構好きかも・・・

走っていると色んな人がこの車に注目する。
車好きの少年などはジーッと凝視している。
思わず(欲しかったら売るで)と声をかけてしまいそう。

このランエボ、今週オークションに出品する。
いったいいくらの値段が付くんだろう。
こういうのも中古車屋の楽しみの一つやね。