女性立入り禁止?

2006年04月18日

今日の一台。
16年レガシィB4 3.0RマッキントッシュB型。

僕は200万の予算で中古車を買うなら迷わず、
レガシィB4の3.0Rを購入する。
そのトルクフルなエンジンは
低速、高速を問わず、快適なフィールを生み出す。
さまざまな局面で運転の楽しさを演出してくれる・・・

あかんな・・・
コピーライターにはなられへんな。

今回の3,0R、マフラーを初め、さまざまなパーツが多数装着されている。
3.0Rでマインズコンピューター、Apexiのマフラーという組み合わせは
初めてだったので、どんな感じなのか、少し試走してみた。

低速域の吹き上がりはすごくいい。
踏み込んでみると・・・
うーん・・・やっぱりターボ車とちがって
「劇的に・・・・」ということはないかな?

マフラーの音もノーマルと少ししか違わない。
直近800KMの燃費をデータで見てみると、なんと7.8KM/L。
これ、オークション会場での査定の間、
当社でのアイドリング時の燃費も含めての話なので
実際は8KM/L以上の燃費ということになる。
おまけに入庫したときにはECOモードに入っていた。
メカチューンしてるのに燃費を気にしているというのも面白い。

うーん・・・・学習していくのはこれからの話か?
結構、楽しみにしてたんやけど・・・・

昔、それも30年前の大昔の話。
関西人で僕と同世代の人なら分かると思うのだが、
MBSラジオにヤングタウン(ヤンタンと略されていた)という
若者に人気の深夜番組があった。
毎日やっている番組なのだが金曜日は
当時関西ローカルの有名人、谷村新司が担当していた。
その中で「女性立ち入り禁止のコーナー」というのがあった。

当時、中学生だった僕はラジオのジャックにイヤホンを挿し、
音が外に漏れないようにして、
谷村新司や佐藤恵子というアナウンサーのちょっと色気のある話を
ドキドキしながら必死に聞いたものだった。
当時の関西ではヤンタンは「鶴光のオールナイトニッポン」と
双璧をなす人気番組だった。

といういつもの長い前フリのもと、
今日の表「女性立入り禁止」の話題に入っていきます。

昨日、テレビでスマスマを見てたときの話。
ゲストにタモリが出ていた。
タモリという芸人、今まで面白いと思ったことがないのだが
昨日は初めて面白いと思った。
それは彼の芸に対してではなくて、
BISTOROSMAPでの間の
SMAPのメンバーとの他愛無い話に対してだ。

「変態」という行為は人間固有のものである。
その時の行為に対してあれこれと創意工夫を凝らして
一生懸命楽しもうとするのは人間だけである。
それは食生活にも現れている。
ただ、空腹を満たすだけなら、回りにある食べ物を
一心不乱に口に運べばいいだけだが、
素材を単に胃袋に放り込むだけでなく、
おいしく食べるために色んな工夫=料理をするのは
人間固有の行為である。
昨日の話しなので正確には覚えていないのだが、
要約するとこんな話だったと思う。

それを聞いたSMAPのキムタクがすかさず、
「なら、僕は変態です」
ゴローちゃんも「僕も変態です」
僕もテレビに向かって
「僕はあなた達よりもさらに変態です。」

かなり、安心しました。
キムタクも変態やったんやな
(これ、オチ?とか思わないでね)