Loading...

人生、投げたらあかん?

2006年04月09日

今日は完全OFF。
今年に入ってから始めての完全オフ。
来店されたお客様、申し訳ありませんでした。

オフということで久しぶりにソフトボールの試合に行った。
今日は1年中で一番大事な試合。
全然練習もしていないので実に不安。
しかも、ヘルニアちゃん、大暴れヽ(ー_ー )ノ
ボルタレン、2錠と胃薬をぶち込み、試合に挑む。

1試合目、コントロールが定まらないものの、
相手にも恵まれて、エラーによる1失点のみで勝利。
奪三振10、与四球5。
コントロ-ルが定まらないので、少しタマ数を投げすぎたか?

不安を残したまま、2試合目。
この年になって2試合の連投はつらいけど仕方がない。
1回表のうちのチ-ムの攻撃、3者凡退で0点。
1回裏、先頭バッターへはフォアボール。
相変わらずの荒れ球。
球の勢いはあるものの、ライズとチェンジアップがことごとく
ボールになるのでおのずと球数は増える。
2番バッターを三振にとった後の3番バッター、
2ストライクまで追い込んだ後にデッドボール。
1アウト、ランナー1,2塁。

4番バッター。
2ストライクまでは簡単に追い込める。
ここでキャッチャーの要求はドロップ。
実は僕はライズ系のピッチャーなのでドロップはあまり得意ではない。
でも、この場面、どうしても三振が欲しかったので暴投は怖いけど
思い切って、不得意なドロップを投げた。
結果は・・・・
僕の手を放たれたボールは相手4番バッターの脇腹へドスン。
ここでもまたデッドボールを出してしまった。

3番に続いて連続で当てられた相手チームの4番バッター、
ここで僕になにやら声を上げて怒っている。
ソフトボールをやるとムチャクチャ熱くなる僕はこうなるともう全然ダメ、
自分がコントロールできなくなる(ノ≧∇≦)ノ ミ ┸┸ オリャァァ!

デッドボールで出塁した4番バッターの元へ歩み寄り、
感情を抑えながらも「何か?・・・・(–メ) チャラリーン」
両チーム入り乱れてのもみあい。
もう、これでさらにヒートアップ。
1アウト満塁。
すでに1試合投げているのに、後のイニングへのペース配分も考えず、
思いっきり、投げてしまう。

5番バッターは三振。
これで2アウト満塁。
6番バッターの左バッターへの初球。
三振を狙って、力の入りすぎた僕の投げたボールは・・・・・
相手の背中にドスン!Σ( ̄□ ̄;)
押し出しで相手に先取点を与えてしまう。
なんと1イニングに4つのデッドボール。
こんなことは長いことピッチャーをやっているが初めてのことだ。

その後、試合は淡々と進む。
僕はフォアボールでランナーを出しながらも何とか要所を押さえ、
2、3回は無失点で切り抜ける。
対してうちのチーム、全然点数が入る気配がない。

4回裏の相手チームの攻撃。
簡単に2アウトを取るものの、またもやここでフォアボール。
ここで出てきたバッターは僕の苦手な左バッター。
初球、ストレートでストライク。
2球目、変化球かどうか迷ったが、キャッチャーを信じて内角へのストレート。
でも、行った球はど真ん中。
カキーン、白鳥の湖のごとくきれいに体を回転させた相手のバットから
はじき出したボールはライトのはるか頭上へ。
ライトのまずい返球も手伝って、2点献上。
これで試合は万事休すか・・・・・

ところがここで試合は終わらなかった。
自チームの7番バッター、センター前へクリーンヒット。
8番バッターは送りバント。
1アウト、ランナー2塁。
うちの20歳の能天気な9番バッター、
「ここでホームラン打ったら同点やな」
と計算間違いしながら右打席へ。
(いや、あんた、ここでホームラン打ってもまだ1点負けまてすぅ)
ところがこの馬鹿な若者、センターの横を抜ける2ランホームラン。

こうなると試合の流れはうちのチームへ。
続く1番バッター、クリーンヒット。
相手ピッチャー、動揺したのか2、3番に連続フォアボール。
これで1アウト満塁。しかもバッターは4番。
うちのチーム、俄然、盛り上がりを見せる。
一打逆転のチャンス。
外野フライでも同点。もう、完全に流れはこっちのもの。
アウトになってもネクストバッターズサークルには、何を隠そうこの私。
逆転の満塁ホームランを打って
悠々とダイアモンドを駆ける自分の姿を浮かべる。

カウント1-1からの3球目、
4番バッターの力ないスイングから放たれた打球は
ショートの正面へ・・・・・ああ~━━┫└─(>_<;)─┘┣━━
ショートからキャッチャーへ、これでまず1アウト。
キャッチャーはそのままファーストへ・・・・・
ガーン!!なんとダブルプレイでチェンジになってしまいました。
ネクストバッターズサークルで逆転満塁ホームランを打つはずの僕は
思わず、( ̄。 ̄)ボーーォ

この試合、両ピッチャーのコントロールの悪さからか
ここまでかなりの時間を要している。
ソフトボールは7イニング制と時間制の併用。
7イニングまで進まなくても制限時間が来るとタイムオーバー、
試合終了となる。

あわてて次のイニングに入る。
簡単に2アウトをとるものの、ここから連続ヒット。
で、ここでタイムオーバー。
3-2で負け。

この試合の反省点は3つ。
まず、初回の4つのデッドボール。
それから、ホームランを打たれたときの組み立て。
最後に最終イニング、2アウトまで追い込んでおきながら
またもや組み立てがうまくいかず、時間切れで試合終了となったこと。

うーん・・・・
もう長い間、同じ反省ばかりしているな(~ヘ~;) ウーン
このままでは終わられへんな。

やっぱりソフトボールは面白い。
今年は何とか休みを調整してもう少し参加しよう。
投げたらあかん?
いや、まだまだ投げるで~