ひとりよがり

2006年11月18日

外壁及び看板の工事、本日も続いている。
そのせいかどうか分からないが、なんとなくテンションが上がらない。
今日、看板工事の業者の人に
「足場が外れるのはいつですか?」
「ああ、22日頃やで」
え 22日・・・
まだ5日もあるやん
このまま、あと5日耐えるしかないのか

よっしゃ分かった。とにかく仕入れや。
明日はムッチャ買ったる。
ほんで、工事UPしたら
リニューアルオープン記念じゃぁ~

今日、ボンゴフレンディの契約に行った。
「総額7~80万で仕事にも遊びにも使えるワゴン車探してよ」
この一言からこの話は始まった。
「ハイエースの程度のいいやつ、ないかな?」
「いや、ハイエースでその価格でしたらかなり古い車に・・・」

ということで少しでも安くて新しい1BOXカーを検討した結果、
ボンゴフレンディを提案することになった。

実は紹介のお客様で本日まで直接会った事はなかった。
いろいろとそのお客様のことを考えた。

ここからは想像ね。
仕事に、そして遊びに?そして予算は7、80万。
これは30歳位の自営業のご夫婦で小さな子供達が
いらっしゃって、今は大変な時期なので
やむを得ず、中古車を選んだに違いない。
想像終わり。

仕事に使うなら2リッターでは少々パワー不足。
遊びに使うならLowグレードのRS-Vではちと安物臭い。
ということで、2.5リッターのRF-Vに絞って探した。

探すこと2週間。
静岡のオークションで12年式のいいのがあった。
ナビも付いていて程度もよさそう。
何がんでもこの車を提案したくなった。
でも、完全に予算オーバー。
いや、それでも手数料さえ出ればこの車を提案しよう。

見事、この車を落札。
皆でピカピカに磨き上げてお客様の来場を待った。
するとお客様「その車でエエよ~」
見に来ることなく、意外に。あっさりと決まった。
いや、見に来なくても購入いただけるということは
それだけ信頼されていると言うことだ。
リヤフェンダーにあった凹みを修理し、傷の入ったリヤガラスを交換し
タイヤを新品に交換することにして総額80万で提案したが
タイヤはまだ使えそうなので76万にさせていただいた。

結局、現車は見ていただけなかったが
契約と必要書類を戴くのに本日の午後から訪問させていただいた。
地図を頼りに目的地に到達した。
目の前にはでっかい工場とでっかいご自宅。
え?もしかしてお金持ち
30歳の寝る間も惜しんで頑張っている自営業の感じではなく
夫婦で頑張っている自営業の方には違いないが
もう少しお年を召された上品なご夫婦。

年式も何も気にされていない。
車の詳細も尋ねられない。
ちょっと気になって聞いてみた。
「なんで80万の予算やったんですか?」
「ああ、前の車が盗難に遭って下りてくる保険金が80万やから」
ええ?ただそれだけのこと?
「信用してるからなあ」
いや、本当にいい車ですよ。
でも、もしかして力んでたのは僕だけ?

ボンゴフレンディ車輌本体販売価格65万。
仕入原価は・・・・?あ、ほとんど変わらんやん
もちろんTAX保証付き。

でも、お客様、いまだに現車を見ていません。
これで現車見て、喜んでもらわれへんかったらどないしよ~