人身事故連続2件

2007年04月11日

ソフトボールの試合があった翌日は疲れている。
いつもよりやる気が少なくなる。
普段は月曜日でその疲れも一掃されるのだが、
今回は本日火曜日までなんとなくお疲れ気分。
でも、これぐらいテンション低くてちょうどいいぐらい?

人身事故連続2件の報告。
路地から飛び出してきた自転車とお客様の車が接触。
怪我は大した事ないものの、怪我をした自転車の女性は
警察に診断書を提出。
これで人身事故の成立。
まあ、当たり前の流れって言えばそうなんやろうけど、
人身事故として扱われるって事は、
自動車の運転手に罰金と違反点数が課せられるわけで、
そうなったら怪我をした女性には気の毒だけど
自動車の運転手の方も
「それなら遠慮なく、車の修理代の請求させてもらいます」
と、過失割合に応じて自動車の修理代の請求をするわけです。

こんな事故の報告が来たらいつも思います。
当事者同士の示談は出来ないものか・・・・?と。
「病院代と自転車の修理代払うから車のほうはエエわ」
これで済みそうなもんなんやけど・・・・

もう一方も相手が原付で、
ケースは違うけど、話のし様によっては
人身事故扱いになるのを避けられそうな事故でした。
たくさんアドバイスはしたんだけど、
示談で済めばいいのにね。
示談で済めば、任意保険の等級UPも防げるのにね。

罰金払うぐらいなら、相手に払うほうが良くないかい?

これだけはしょって書いたら誤解もあるかもしれないので
交通事故の示談についてもこの場で触れていくことにします。