最高の誕生日

2006年12月06日

今日はねえ、誕生日やったわけで・・・
いつものようにお店を9時ごろ出て、家に帰った。
娘は塾に行っていたけど、息子は眠い目をこすりながら
ご飯を一緒に食べようと待ってくれていた。

娘が帰ってくるまで、食事は待っていられないので
息子と一緒に食事をした。
思えば平日に子供と一緒に食事をするのは何ヶ月ぶりだろう。

嫁が痛風も気にせず、干物やお化け(さらし鯨ね)など、
僕の大好物を用意してくれていた。
もちろん、ビールはプリン体99%カットの淡麗ね。
久しぶりに食べた本物のシシャモは味が濃くて美味しかった。

やがて娘が塾から帰ってきた。
ここでサプライズがあった。
みんなが僕のためにプレゼントを用意してくれていたのだった。

娘はリュック。
今まで使っていたリュックがぼろぼろになっていたので
これはソフトボールに行くときに使おう。

息子はスパイクケースとadidasの毛糸の帽子。
2種類のスパイクを使っているのだが
スパイクケースは一つしかなかった。
試合に行くときタマに間違ったスパイクを持って行くのだが
これからはスパイクケースが二つあるので間違えずにすみそうだ。
また、毛糸の帽子は寒くなってもまだまだ試合があるので
これからは毎試合かぶって行こう。

嫁からはストライブのシャツをもらった。
茶色のストライブが上品な割とコンサバなシャツ。
実はこういうシャツがほしかった。
ビジネスシーンに役立つことだろう。

こうやってみんなからのプレゼントを見ていると
涙が止まらなくなった。
品物もありがたいのだが、家族が僕のために
僕を喜ばそうと一生懸命、選んでくれたのが嬉しい。
普段、「仕事だから」「試合だから」と
家族をないがしろにしているのに・・・・
僕はなんて幸せなんだろう

今年は最高の誕生日やった。
ブログを始めたのもあるかもしれない。
コメントにもメールにもたくさんのメッセージを戴いた。
本当に嬉しい。
この年になってこんなに素敵なサプライズがあるとは思わなかった。

「花束は照れくさいので・・・・」と
宅急便で届いた干し椎茸も嬉しかったよ。

もう、ほんまに感謝感謝です。
頑張って、もっと頑張るから、恩返しさせてくださいね。