パジェロで・・・

2006年11月02日

久しぶりの今日の1台。
17年式フォレスタークロススポーツ。
走行9000kmの下取り車。

「フォレスターはターボやろ!!」
と、思っている僕が店頭の在庫台数が少ないので
オークションに出す前に取りあえず、
2週間ほど店頭で販売することにしてみた。
下取り車はいつも下取り価格にほんの少しだけON。
たまにうちの在庫車に他メーカーの車があるのはそんな事情。
HPには掲載していないけどgoo-netには
掲載している場合があります。
実際にオークションで落札される価格より安い車も
しょっちゅうあるから、よかったらチェックしてください。

このフォレスター、どうせなら日本最安値ということで
思い切った価格で販売。
意外に・・・と言ったらこの車に失礼やけど
問い合わせが多い。
オークションに売るよりはお客様に乗っていただきたい。
でも、あと1週間、店頭で売れなかったらオークションに出します。

今日はねぇ、奈良まで行ってたんですよ。
何しに行ったかというと、
パジェロを見てもらいに行ったんですよ。
そのパジェロは9年式のGDIパジェロ。
先週の土曜日にご来社いただいたんですけど、
店頭に車がなかったので、今回はこちらから出向きました。

この3500ccのGDIのエンジン、245psのハイパワー。
発売当時はランクルのパワーをもしのぐ、国内最強のクロカン4WD。
ディーゼル敬遠の世論を反映して、発売されたこのパジェロ。
コンセプトとしては、すごくよかったように思う。

でもねぇ、このパジェロ、ずっこけるんやな
新車から3,4年は非常にいい車なんやけど
ウィークポイントもたくさんあったんやな。

だから、このパジェロ、売るのに大変な苦労をした。
納車前にはすべての車のインジェクターやスロットルボディ、
ミッションマウントなど金額にしたら40万前後の整備をした。
(まあ、メーカーがすべて持ってくれたんやけど)

それでもオイルメンテを頻繁にしてない車は
GDI特有のスラッジが溜まって、調子が悪くなった。
燃料ポンプも弱いので信号待ちをしていても、
ブレーキを思いっきり踏んでいなければ車が前に飛び出しそうになった。

こんな野球選手で言えば清原みたいなパジェロにも、
清原と同様、ファンが多いんやな。

以前に売った関係で下取り車がたまに入荷する。
当社で下取りするパジェロは当社で対策した車やから
安心な場合が大いんやけど、それでも不安は付きまとう。

だから、今回のパジェロはお客様に見せる前にディーラーに入庫して
エンジンその他のチェックを行った。
1日半の時間がたってから、昨日、ディーラーの担当者から電話があった。
その声は少し興奮気味だった。
「めちゃめちゃ良い状態ですやん」

その声を聞いた僕は自信を持って奈良に走っていった。
久しぶりに乗ったパジェロ、かなり楽しかった。
最近の乗用車の様なクロカン4WDと違って
もうまさに男の車って感じで楽しいドライブでした。
お客様のご家族と20分ほど試乗をした。
おかげさまでご契約いただいた。
念のため、燃料ポンプとミッションオイルは交換しよう。
下回りの錆対策も万全にしよう。
古い車やけどこんな車、もうめぐり合われへんから・・・・

価格も安いし、出来たら、もっと提案させていただきたい。
でもなあ、このパジェロに関しては
オークションで買う車はどんな整備されてたか分からんかったら
後々が怖いからなぁ。
うちが過去に売った車でないと、よう売らんな。

もしかしたらうちが売る最後の1台かも・・・・・?