Loading...

シートベルトは人の命を奪うもの?

2006年10月15日

今日の1台。
レガシィB4 2.0GT HDDナビ マッキントッシュ C型。
オプシティアンブラックパール、走行3000km。

メーカーオプション
 純正レガシィビルトインHDDナビゲーション
 車両情報マルチディスプレイ
 マッキントッシュサウンドシステムCDMD
 UVカット機能付濃色ガラス
 クリアビューパック

価格は209万です。

さて、今日はシートベルトの話。
何でこんな話を急に思い立ったかと言うと、
最近スバルのお客様相談室によく電話するのだが
スバルのお客様相談室の対応はかなり親切。
他のメーカーはどうだったっけ?
ということで、昔、シートベルトの件でN社の相談室のことを思い出したのだ。

それは僕が昔、N社の3列シートの車を所有していたときの話。
ある日、うちの母親が僕の車に乗ってうちの子供たちを
堺市のハーベストの丘という施設に連れて行ってくれた。
うちの2番目の子供、そのときは5歳。
エンジンをかけて停車している時に
後部座席で遊んでいたらしい。
すると突然、大きな泣き声。
母親はビックリして後部座席を見やると、
なぜかシートベルトの輪っかの中に入っているうちの息子。
母親、ベルトを外そうと試みるもベルトはびくともしない。
それどころか、ベルトはどんどん巻き取られていって
息子をぐいぐいと締め付ける。
息子、だんだんと声も出なくなってくる。
母親、息子の体が締め付けられないよう、ベルトと息子の体の間に
自分の手を入れ、周囲の人に必死で助けを求める。

平日ということもあって、周囲に人の姿はない。
母親、上の娘に「はさみを借りてきて」とベルトを切る事を決意する。
娘、200mほど離れた駐車場の管理室まで走ってはさみを借りに行く。
その間、ベルトはどんどん締まっていく。
息子は声を出せずに泣いている。
母親、何とかベルトを外すか緩めようとする。
でも、ベルト、緩む気配はない。
子供の体とベルトの間に腕を入れて渾身の力で隙間を作る。
腕の感覚はなくなってくる。
だんだんと子供の泣き声も弱まってくる。

そこへやっと娘がはさみを見つけて駆け寄ってくる。
そのはさみでシートベルトを切断し、何とか事なきを得る。
母親いわく、「あそこではさみが見つからなければ
もしかしたら死んでいたかもしれない。」

現場にいなかった僕はその話を聞いて、
シートベルトがそんなことになる可能性があること自体が
信じられなかったので、その車を販売するN社に問い合わせた。

N社は僕の車を持ち帰って取りあえず、シートベルトを交換した。
で、問題があったシートベルトをメーカーに送り
そこでの分析結果を待つことになった。

2週間ほどして分析結果を持ってメーカーの担当者は現れた。
何枚もの写真と報告書を見せてもらった結果、
「シートベルトに異常はない」と言う報告をされた。
そこで質問してみた。
「では、この車のシートベルトは子供が誤って触ってしまうと
死に至る可能性もあるわけですね」
担当者は
「通常の使い方をしていればそのような可能性はありません、
今回は通常の使い方をされなかったのでしょう」
僕は「子供がベルトを触って、誤った使い方をすれば死に至る可能性も
あるわけですね。では、これから後部座席に子供を座らせるときは
親が一緒に座っていなければならないですね」
担当者「子供さんが誤った使い方をされることは想定しておりません」
僕「え?N社さんのシートベルトは子供がちょっと触ると
体をぐいぐいと締め付ける可能性があるわけですね」
担当者「今回のベルトに異常はありませんので
そのような可能性はありません」
僕「いや、実際に死にかかったんやけど・・・・・」

かみ合わない会話を続けていても仕方がないのだが、
僕「今回、この事実が起こったことはどう受け取るつもりですか?」
担当者「ベルトに異常がない以上、お答えする必要はございません。」
ものすごく、人間味のない冷たい回答が帰ってきた。
一部上場企業の人間とは思えない、常識のない態度と
ロボットのような冷たい無表情さに僕ですら寒気を覚えた。

報告書と写真を数枚もらい受け、
「何をどうしよう」というわけでもなかったのだが、
この話の落としどころをどうしようか考えた。

「で、どうします?欠陥を認めていただけない以上、
このまま帰るしかないのですが、それでもよろしいでしょうか?
あとは僕が気の済むようにやらせてもらいますが?」

すると担当者は
「当社の製品に欠陥は見当たらないのですが、
今回はご迷惑をおかけしたのも事実ですし、
お詫びの品物を送るということで収めていただけませんか?」

別に金品が欲しいわけでもなかったが、
怒りの矛先をどこに持って言っていいか分からなかったので、
こういう事故の時、「お詫び」という物を
メーカーがどういう形で持ってくるのか興味本位で待ってみることにした。

相手は一部上場企業。
きっとすごくいいものが贈られて来るかも知れない。
もしかして現金か・・・・?
いやいや、もしかすると株券か?
それとも商品券か?

でも、あの事件から5年がたった今でも
N社からは、はがき1枚送られて来ない。
怖いよ、シートベルトは・・・