新幹線の中から

2006年08月22日

// 代替画像を表示する ;

UPしているのは夜中ですが、
書いているのは本日の午前中、
新幹線の車内からです。

今日は東京への出張。
朝から一度出勤し、バタバタとして新大阪に向かった。
9時49分発の、のぞみの切符を購入してホームで待っていたのだが、
電車がなかなか来ない。
そこで耳に入ってきたアナウンス。
「のぞみ○○号、発射します」
もう少しで電車を乗り間違えるところだった。
携帯電話で話していたのがいけなかった。

何をしにいくかというとTAXのIT委員会の会議
それにしても新幹線は退屈だ。
この狭い席で東京までの2時間40分、
いったい何をしたらいいのだろう。

昔は新幹線での出張といえばすごく楽しみだった。
昔の仕事の頃は、まともに睡眠する暇もない僕にとっては
移動中の3時間がとても贅沢な睡眠時間だった。
会社から新幹線の交通費をもらうと、
神田のチケットショップに行ってグリーン車の回数券を買った。
当時は安売りショップで購入するグリーンのチケットと
東京駅で購入する普通車の価格が同じだった。

グリーン車のチケットを手にした僕は
ちょっとした優越感に浸りながら
あの広い空間で大阪までの約3時間を旅したものだった。
財布の中身は空っぽだったけど・・・・

ところが今はどうであろう?
ネットで新大阪ー東京間のグリーンのチケットの価格を調べると
定価とチケットショップで販売されている回数券の価格とは
1000円も変わらない。
下手したら500円しか変わらないショップもあった。
これでは大好きなグリーン車に乗れない。
新大阪ー東京間のグリーン車を選択することによって
生じる運賃差額は約5,000円。
いくらなんでも3時間足らずの快楽のために
5000円ものお金を費やすわけには行かない。

でも、狭い席でさっきから首も肩も痛い。
トイレに行く振りをしてグリーン車の中を通ってみた。
お金持ちそうな人がいっぱいいた。
中には上品そうな子供づれの奥様もいた。
だんなさんが相当稼ぐんだろうな・・・
という勝手な想像をしてみた。
20代後半と見られる若者は
4人で席を向かい合わせにしてしゃべっていた。
うーん・・・彼らはIT業界でバリバリに仕事をし、
年収2000万以上稼ぐに違いない。
という想像も勝手にしてみた。

こうして僕の想像をいろいろと
掻き立ててくれるグリーン車が好きだ。
なんとかグリーン車のチケットを安く手に入れる方法はないものか?