2006年07月24日

3週間に渡った泉南オープン、負けたよ、負けました。
それもボロ負け。
正直、相手にもなりませんでした。

決勝トーナメントにまで進んだこの大会。
ラッキーに次ぐラッキーが重なり勝ち進んだうちのチーム。
さすがに「本物」が出てきた決勝トーナメントでは
今までのようにラッキーだけでは勝つことが出来ませんでした。

雨による2度の中断で試合の進行はままならず。
ライズグリップで投げる僕はボールが濡れると、
コントロールは全然思うように行きません。
それでも、4回表までは1-1の良い試合をしていたんです。

ところが、4回裏。
先頭バッターの放った打球は詰まったピッチャーゴロ。
マウンドを駆け下りて、捕球したボールを一塁に投げてアウト、
のはずがぬかるんだ地面に足を捕られ、転倒してしまいました。
それが原因で味方の守備のリズムも乱れ、
この回だけで数え切れないぐらいのエラー。
また、そこでふんばるのがエースなのですが、
3ランホームランを打たれ、万事休す。
1イニングでこんなに長いこと投げたのは初めてちゃうかな?

試合は結局9-1で負けました。
悔しい・・・・・
ムッチャ悔しい・・・・・
同じ負けるにしてもこんなに悔しい負け方は嫌やな。

悔しい要因はたくさんある。
大事なこの時期に数年ぶりに首のヘルニアが再発したこと。
そのことによって思い通りの投球が出来なかったこと。
また、毎年、テンションは上がるものの
満足な調整と練習が出来ないこと。
ソフトボールは団体競技なのに、
ピッチャーがこれではみんなに迷惑をかけるばかり。
ほんまにメンバーに悪い事したな。
そればかりか相手にも大変失礼な試合をした。

試合が終わって数時間。
試合中のテンションとの落差で、なんか体が「腑抜け」になっている。
でもな、あんまりテンション上げすぎてもメンバーに悪いよな。
クラブチームやから、それぞれがソフトボールに対する取り組み方が違う。
頭の中では分かっているつもりでも、体が理解でけへん。

今日は午前中、出社して、午後から試合、夕方また出社。
こんな生活ももう疲れたな。
仕事にももっと熱中したい。
家族に対しても全然時間を裂いてないし、
子供のソフトボールも見てやることが出来ない。
おまけに体ももうボロボロ。
年齢考えると、潮時?・・・・・・・・・かな(涙)