早く元気になってね。

2006年06月12日

// 代替画像を表示する ;

あ~あ・・・・・
それにしても後半9分で3失点か・・・・
試合前、(よくて引き分けかな?)が、
途中、(ひょっとしたら?)に変わり、
後半に入ると(頼むからこのまま・・・・)と願いつつ、
追いつかれた時、(引き分けでもじゅうぶん)と気を取り直し、
逆転時は、(まだ時間ある)と奮起を促し、
3点目の時は、(・・・・・・・・ガクッ)

サッカーには詳しくないし、興味はないのだけれど、
惜しかった。本当に惜しかった。
素人の僕がこんなこと言うとおこがましいのだが、
同点に追いつかれたとき、あと1点取りに行くのか、
それともしのいで同点のまま終わるのか、
プランがはっきりと見えてこなかったように思う。
サッカーに詳しくない僕がこれ以上書くと、
何か質問されても困るので、これ以上はやめておくが、
途中、盛り上がっただけに残念、本当に残念・・・・

さて、うちの犬の去勢手術後の話。
去勢手術は「人間との共生」のために行ったわけだが、
本当はそれ以外の大きな目的があった。
それは、前立腺肥大や精巣腫瘍など、
様々な病気を予防するためだ。

若いいうちに去勢手術をしておくことによって、
年を取ってから病気になる危険性を減らすことができるというのだ。
それに伴い平均寿命は2年から3年のびると報告されているらしい。

また、キン〇マが体内に入っている場合、腫瘍化する傾向が強く、
命に関わる炎症を起こす事もあるらしいので、
思い切って手術に踏み切ったわけだが・・・・・・

「手術後、2~3日はぐったりしていますよ」
という獣医さんの声を聞いていても最近の元気のなさは気になる。
散歩をしていても2~3m歩くと座ってしまう。
僕や家の人間が寄っていっても、反応が少ない。
そして、手術をした部分が気になって仕方がないのか、
しょっちゅう、自分でその部分をペロペロと舐めている。
若いとき、これが出来たらなあ・・・って考えませんでした?
いや、僕は考えました・・・失礼

去勢手術については利点ばかり聞かされて
「犬のため」と思って行ったことだが、
手術後の犬の姿を見ていると、
なんとなく、可愛そうな気がして仕方がない。
後悔していなくもない。
でも、きっと間もなく元気を取り戻して、
また、僕の手をガブガブ噛むことだろう。
早く元気になるといいね。

土曜日から今日にかけて、
かなりの良い仕入れが出来た。
やはり中古車屋は仕入れだ。
週末にならないと車が来ないのだが、
今から入荷が楽しみで仕方がない。

今日、面接に来た男性にこのブログについて
「なんか、車に関係のないことばかり書いてますね」と言われたので
明日は車のことについて書こう。