Loading...

試乗は楽し

2006年06月11日

今日の朝イチはソフトボールの試合。
お店の用事を済ませて、試合会場に行くと、
なんとうちのチームの参加メンバー15人。
メンバーが増えるのは非常に嬉しいことなのだが
あまりたくさんいると試合に出られないメンバーもいる。
やはり若い子に出てもらわないとどうしようもない。
ということで本日は2イニング限定で、6者連続三振・・・・で
お手本を見せる予定だったのですが、
エラーの後、フォアボール3つで押し出し。
満塁からチェンジアップをホームランされて
なんと2イニングで5失点。
こういうのは長いピッチャー生活の中で記憶がない。
ヘルニアで腰も足もめっちゃ痛い。
僕ももうそろそろ潮時か

試合が終わってお店に出勤したのは11時30分。
昨日と今日は試乗ラッシュ。
ラッシュといってもスバル車しかないのだが、
その中でも特に嬉しかったのがB4GTの試乗。
あれやこれやと助手席からB4の素晴らしさをアピールするも
実は横に乗っている僕の目がウルウル。

「ちょっと踏んでみてもいいですか?」
(おおぅ、踏んでみて踏んでみて)
「ちょっとハンドル振ってもいいですか?」
(あぁ、振ってみて振ってみて)
「いやあ、しっかりした車ですねぇ」
(そうやろ?しっかりしてるやろ?もっと褒めて)

やっぱりええ車ですわ。
トヨタさん、このEZ20ターボエンジン、無くさないで。
車好きのための車が少なくなる現代、
レガシィはこのままで行こうよ。
お願いだからハリボテの車を作るのはやめて

デンマークのお客様にお買い上げいただいた時に聞いたのだが、
北欧ではレガシィといえばBMWの5シリーズと同じ位置づけらしい。
フォルクスワーゲンやオペルなどとは比較にもならないらしい。
北欧の人は予算の面でレガシィをあきらめてワーゲンを購入するのに
日本人が「レガシィより高く販売されているワーゲンを購入するのは
不思議で仕方がない」と言っていました。

まあ、関税の違いやその他色んな政策の面もあるのだろうけど
日本人はブランドに弱いよね。
でも、ワーゲン、オペルってブランドなのかな?

僕はブランドとかってどうでもいいんだけど、
やっぱりいい車に乗りたいよね。
そういう意味では、スバル好きの人がこのブログ読んで
スバル車に興味を持ってくれたら本当に嬉しいです。

最近は女性のお客様も増えてきました。
皆さん、どんどん試乗に来てね。

去勢後の犬、自分でなくなった男の部分をペロペロ。
明日は去勢手術後の犬の話。